For a better world, beyond any borders.境界線を越えた、平和な世界を目指して

Top>News>【YouTube】新着動画公開

News

Media

2020.10.1

【YouTube】新着動画公開

2020.10.1

Media #Yasuda #Sato

Chiki’s Talk 017 ゴールドウォーター・ルール
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
ゴールドウォーター・ルール

「ゴールドウォーター・ルール」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?1964年、アメリカ大統領選挙に立候補したゴールドウォーター氏は、ベトナム戦争での核兵器の使用に言明するなど、過激な発言で知られていました。それに対しある雑誌が、精神科医へのアンケートを行い、1,000人を超える医師らが「ゴールドウォーター氏は大統領に相応しくない」と回答しました。しかしそこには多くの問題が含まれており、精神科医の診断に対する誤謬、職業倫理の問題へと発展していきます。そこで定められたのが「ゴールドウォーター・ルール」でした。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People

 

Dialogue for People 公式YouTubeチャンネルでは、世界情勢や社会問題をテーマにした番組を、様々なスピーカーをお招きしてお届けます。取材報告、本や映画の紹介、多彩なゲストを迎えてのトークなど、豊富なコンテンツを用意しております。ぜひご視聴ください。

 

 

 


これまで公開した映像

「居場所を見出せない、そんなときには?」(後編)
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

自身の経験を踏まえて、LGBT、性暴力被害、女性の人権、自殺対策、DV被害者支援などについて活動を続ける東小雪さんと、世界の紛争や貧困、難民の人々の現状などについて取材を続ける安田菜津紀の二人が、みなさまからの質問やメッセージに答えつつ、 “身近な生きづらさ”について語り合います。

【今回のテーマ】 「居場所を見出せない、そんなときには?」(後編)
前編につづき、家族との関わり方や、コロナ禍の自宅での過ごし方など、みなさんからのご質問やメッセージに答えつつ、”身近な生きづらさ”について語り合います。「〇〇らしさ」や「こうあるべき」という固定概念に対して、息苦しさを感じることもあるのではないでしょうか。そんな日常生活での苦しさを、皆さんとゆるっと考える場所にしたいと話します。

出演:東小雪、安田菜津紀
制作:Dialogue for People、株式会社とこしえ
配信:Dialogue for People
 


Chiki’s Talk 016 メディア論⑥ メディアのもたらす「没個性化」とは?
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
没個性化

今回解説するメディア論の理論は「没個性化」です。個性化というと、その人の個性が芽生えることを言いますが、没個性化はその逆で、個性が失われることを示します。没個性化により、人は他者への共感・責任感を失ったり、匿名性の影で暴力的になったりすることが研究により証明されています。没個性化の起きやすい空間、メディアの特徴に自覚的になることで、その環境・メディアのアップデートや、自身の無自覚な攻撃性をコントロールすることに役立ちます。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


Chiki’s Talk 015 メディア論⑤ メディアのフレーミング効果とは?
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
フレーミング効果

今回解説するメディア論の理論は「フレーミング効果」です。同じような事件が報道されていても、それが「どこに着目をしているか」で情報の受け手の印象は変わります。また、「どのように伝えているか」によって、伝わる価値観にも違いが現れます。そのようにメディアが「枠」を規定する性質を「フレーミング効果」と言います。フレーミングされていないものは存在しません。その情報にはどういったフレーミングが施されているか、私たちは日々どのようにメディア視聴・聴取をしているのかということを考えます。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


「居場所を見出せない、そんなときには?」(前編)
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

自身の経験を踏まえて、LGBT、性暴力被害、女性の人権、自殺対策、DV被害者支援などについて活動を続ける東小雪さんと、世界の紛争や貧困、難民の人々の現状などについて取材を続ける安田菜津紀の二人が、みなさまからの質問やメッセージに答えつつ、 “身近な生きづらさ”について語り合います。

【今回のテーマ】 「居場所を見出せない、そんなときには?」(前編)
友人、会社や部活動などにおける、人との距離感への悩みや、”悩みを抱える方への寄り添いかた”など、視聴者の方々からお寄せいただいた声をもとに、それぞれの考えや体験、想いを話します。

出演:東小雪、安田菜津紀
制作:Dialogue for People、株式会社とこしえ
配信:Dialogue for People


Chiki’s Talk 014 メディア論④ メディアの態度模倣効果とは?
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
態度摸倣効果(ミメーシス)

今回解説するメディア論の理論は態度摸倣効果(ミメーシス)です。私たちは周囲の人々やメディアなどを通じて触れた態度を、いつの間にか摸倣してしまう場合があります。そしてそれは、態度そのものだけではなく、そこに含まれる様々な思想や価値観にも及びます。態度摸倣効果がどういった影響を引き起こしているのかということを知ることで、メディアや日常のコミュニケーションの在り方について考えていきたいと思います。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


Chiki’s Talk 013 メディア論③ メディアの議題設定効果とは?
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
議題設定効果

初期のメディア論では、「強力効果論」という、メディアは相当に強力な力を持っているという認識がされていました。しかしその後メディア論の議論が進むうちに、メディアの役割というものは意外と限定的であるという「限定効果論」や、「強力効果論」をさらにアップデートした論なども登場します。その論争には終わりがないように思えますが、「議題設定効果」というものは、そうしたメディア論の中でも到達点のひとつとも言える理論です。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


Chiki’s Talk 012 戦争といじめ
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
戦争といじめ

毎年8月になると、「8月ジャーナリズム」と呼ばれる戦争に関する報道が繰り返されますそれは非常に重要なことである一方、まだまだ知られていないこと、忘れらているテーマなどもあります。

今日ご紹介するのは戦時下での「いじめ」についてです。疎開先でのいじめや、軍隊内での暴力行為、コミュニティ内の排除など…当時の証言集から、戦時下のいじめの実態を考えていきます。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


Chiki’s Talk 011 メディア論② メディア論とは?
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
メディア論

荻上チキさんによるメディア論の解説シリーズ第2回。往々にして私たちはメディアというものを「メッセージを伝えてくれる透明な箱」のように思いがちですが、メディア論の大家、マーシャル・マクルーハンは「メディアこそがメッセージなのだ」と言います。私たちは「メディアを選択」することで色々な社会的メッセージを読み解き、またメディア自体が「社会変革を促すためのメッセンジャー」でもあるのだとメディア論は考えます。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


Chiki’s Talk 010 メディア論① メディアリテラシーとは何か?
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
メディアリテラシー

昨今よく耳にする「メディアリテラシー」という言葉。みなさんはどのような意味で理解しているでしょうか。その本質は「メディアの特徴を理解する」というものであり、「情報の真偽を確かめる」ものではありません。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


スィゥミャンマーインタビュー
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

【インタビュー】
スィゥミャンマーインタビュー|D4P Report vol.2「D4P×JAR 世界難民の日 食を通して伝える難民の声」より

東京都、高田馬場にあるミャンマー料理店「スィゥミャンマー」。オーナーのタンスエさんは元々ミャンマーで大学教授をしていましたが、民主化運動に加わると当時の軍事政権に命を狙われるようになり1989年に、日本に逃れてきました。妻のタンタンジャインさんも追って日本に逃れてきましたが、夫婦が難民認定を受けることができたのは、それから8年も経ってからのことです。タンタンジャインさんの料理の腕前を生かしてオープンしたお店はいつもたくさんの笑い声が溢れるお店でした。しかし新型コロナウイルスの影響により客足はすっかり途絶えてしまいました。この日は、お店でも大人気の「ダンバウ」と「お茶の葉サラダ」をテイクアウトさせて頂きました。

「スィゥミャンマー」お店の詳細はこちら
故郷の味応援ページはこちら

◆本映像は2020年6月20日に行ったライブ配信、D4P Report vol.2「D4P×JAR 世界難民の日 食を通して伝える難民の声」内で放送したものです。

制作:Dialogue for People


Chiki’s Library_006_『海外コミック』
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Library
評論家荻上チキ氏が、様々な書籍、特に社会問題を改善するための知識をくれる本を紹介/書評するコーナーです。

【今回のテーマ】

今回のテーマは「海外コミック」。ヒーローもののアメコミを思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし一口に海外コミックといっても、色々なヴァリエーションがあり、日本の漫画とはまた違った想像力や表現に出会うことができます。今回紹介するのは、アメリカの公民権運動を扱ったもの、歴史的に女性がどのように蔑視されてきたのか、そして今はどうだろうかと問いかけるもの、記憶喪失により、本当に自分にとって大切なものを考え直す女性の話など、3冊をご紹介します。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


Chiki’s Talk_009_「感情カード」
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
感情カード

日常のコミュニケーションをちょっと豊かにする「感情カード」。無自覚な自分や、知らなかった相手の側面も見えてくるかも。様々な使い方ができるツールですが、チキさんのオススメの使用法を語ります。

※ソーシャルディスタンスについて:本映像は2020年2月に撮影したものです。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


東小雪×安田菜津紀 生きづらいあなたへ 「生きづらさを感じるときに何をして過ごしてる?」<前編・後編>
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

 

自身の経験を踏まえて、LGBT、性暴力被害、女性の人権、自殺対策、DV被害者支援などについて活動を続ける東小雪さんと、世界の紛争や貧困、難民の人々の現状などについて取材を続ける安田菜津紀の二人が、みなさまからの質問やメッセージに答えつつ、 “身近な生きづらさ”について語り合います。

【今回のテーマ】 生きづらさを感じるときに何をして過ごしてる?
将来に対する不安や人との繋がりの中で抱く息苦しさ、”当たり前”や”ルール”とされているものへの違和感…。皆さまからいただいた声やご質問にLGBTアクティビストの東小雪さんと安田菜津紀がお答えするとともに、二人が考える「生きづらさ」への向き合い方について話します。
コロナ禍で気づかぬうちにしんどさを抱えてしまう人も多い今、少しでも心を和らげる時間をお届けできればと思います。ぜひご覧ください。


【Voice of People(取材報告)】 シリア『虚構の国』- IS(過激派勢力 “イスラム国”)
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

Dialogue for Peopleのジャーナリストが訪れた世界を、その地域に暮らす人々の声とともにお届けする取材報告映像『Voice of People』。テーマはIS(過激派勢力“イスラム国”)です。

残忍な処刑、抑圧的な支配で世に名を轟かせたIS。世界中から兵士や賛同者が集い、国境線に区切られた私たちの世界に波紋を投じました。
今回は、そのISに「理想の国」を重ね、渡航した女性たちに話を聞きます。様々な証言に耳を傾けていると、彼女たちは、誰しもに生じ得る「心の空白」をきっかけとし、ISに惹かれていったことがわかります。しかしそこは「虚構の国」でした。気づいたときには身動きも取れず、先行きも見えない場所に立っていました。彼女たちの「空白」と向き合っていくことこそ、私たちの社会に必要な「テロとの戦い」ではないでしょうか。


【タテタカコ×安田菜津紀 「御伽噺」 Music Video】
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

【安田菜津紀コメント】
シリアが「戦場」と呼ばれるようになり、9年。街を破壊しつくすほどの爆撃、ISの台頭やその後の混乱、いまだに安定とは程遠いこの国やその周辺国で、多くの人々が故郷を追われたまま、終わりの見えない避難生活を送っています。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国が国境を閉ざす中、安全を求めて逃れようとする人々にとってはさらに過酷な状況となりました。ウイルスの場合、移動しないことで守れる命があるかもしれません。けれども戦争や迫害は、移動しなければ守れない命があります。私たちも今、海外取材に出向けず、もどかしい思いが募ります。

これ以上、理不尽な思いをする人々がいないように、といつも願いを込めてシャッターを切ってきました。タテタカコさんの透き通る声は、そんな人々への祈りそのものだと思っています。この映像を通して少しでも、遠い地との心の距離が近づきますように。

音楽:タテタカコ/収録アルバム「人」(2017.6 release)
写真:安田菜津紀
映像制作:Dialogue for People


【世界の料理『From KITCHEN to the WORLD』vol.1-カメルーンのオクラスープ】
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

食文化を通じて、世界の人々・地域に想いを馳せる『From KITCHEN to the WORLD』、今回取り上げたのは安田菜津紀著『故郷の味は海をこえて 「難民」として日本に生きる』に登場するメニューのひとつ、『カメルーンのオクラスープ』。とろみがやさしく、ごはんのすすむ一品です。
動画の説明文には簡単なレシピも記載してあります。カメルーンから逃れて日本に暮らすチャングワさん(仮名)のストーリーに想いを馳せながら、よろしければ皆さんもお試しください!

撮影:佐藤慧/安田菜津紀
編集:佐藤慧

 


YouTubeチャンネルの運営、そして世界各地での取材活動は皆様のご寄付によって成り立っております。世界の「無関心」を「関心」に変える、伝える活動へのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

2020.10.1

Media #Yasuda #Sato