For a better world, beyond any borders.境界線を越えた、平和な世界を目指して

Top>News>荻上チキ氏解説「メディア論⑤フレーミング効果」/Chiki’s Talk_015

News

YouTube

2020.9.8

荻上チキ氏解説「メディア論⑤フレーミング効果」/Chiki’s Talk_015

2020.9.8

YouTube

(荻上チキ)Chiki’s Talk_015_メディア論⑤フレーミング効果
(画像をクリックすると動画が再生されます。)

(荻上チキ)Chiki’s Talk
評論家荻上チキ氏が、様々な社会問題を取り上げ、独自の視点で分析し、分かりやすく解説します。

【今回のテーマ】
メディア論⑤フレーミング効果

今回解説するメディア論の理論は「フレーミング効果」です。同じような事件が報道されていても、それが「どこに着目をしているか」で情報の受け手の印象は変わります。また、「どのように伝えているか」によって、伝わる価値観にも違いが現れます。そのようにメディアが「枠」を規定する性質を「フレーミング効果」と言います。フレーミングされていないものは存在しません。その情報にはどういったフレーミングが施されているか、私たちは日々どのようにメディア視聴・聴取をしているのかということを考えます。

出演:荻上チキ
撮影・編集:Dialogue for People


 

Dialogue for People 公式YouTubeチャンネルでは、世界情勢や社会問題をテーマにした番組を、様々なスピーカーをお招きしてお届けます。取材報告、本や映画の紹介、多彩なゲストを迎えてのトークなど、豊富なコンテンツを用意しております。ぜひご視聴ください。

 

 

 

2020.9.8

YouTube