For a better world, beyond any borders.境界線を越えた、平和な世界を目指して

Top>News>【お知らせ】タテタカコ×安田菜津紀 「窓」 Music Video

News

News

2020.3.11

【お知らせ】タテタカコ×安田菜津紀 「窓」 Music Video

2020.3.11

News #Yasuda #Tohoku

タテタカコ×安田菜津紀 「窓」
音楽:タテタカコ/収録アルバム「十」(2019.9 release)
写真:安田菜津紀
映像制作:Dialogue for People

東日本大震災から9年。タテタカコさんの楽曲「窓」にのせて、写真を通して東北の方々の息吹をお届けします。
本映像に使われている写真は、安田菜津紀が東日本大震災以降、継続的に東北各地を訪れる中で撮り重ねたものです。写真に映る人や場所にはそれぞれの時間が流れていることを、この映像を通じて感じていただければ幸いです。

 

【タテタカコさんコメント】

菜津紀さんが目の前で静かにスライドショーをしてくださっているようなぬくもりを感じました。

この歌についてのお話しを交わしていないのに、菜津紀さんは歩幅と心持ちを感じてゆっくり、この歌の景色を映しながら歩いてくださっているように感じます。

菜津紀さんが通われて出会った方との大切なひととき。菜津紀さんの眼差し。
写真から聴こえてくる風や声や音。気温。記憶。
そしてこの歌ができるまでに、胸が軋むような出来事を体験された方、そのときの気持ちを聞かせてくださった方に心から感謝いたします。

 

【安田菜津紀コメント】

東日本大震災から9年という月日が経とうとしています。報道の中ではあの日からの年数を「節目」として伝えがちです。ある時、「あの日から、心の秒針は一秒も前に進んでいない。今日が何日で何曜日なのかも分からない」と、陸前高田で出会った方がぽつりと語ったことがありました。こうして悲しみを抱き続ける方々を置き去りにしたくない。そんな想いを込めて、シャッターを切り続けてきました。この映像はそんな東北で出会った方々の写真と、東北の復興への祈りが込められた、タテタカコさんの歌で作り上げました。

タテタカコさんは東北の被災地にも通い続け、伸びやかな歌声を届け続けてきたシンガーソングライターです。彼女の歌声や言葉には、悲しみも、ささやかな喜びも、優しく抱擁できる深みがあります。

無理やり前に進むのではなく、大切なのはそれぞれの心のペースで生きられること。この映像を通してそんなメッセージをお伝えできればと思っています。

 


あわせて読みたい

それは、誰のための希望なのだろう[2020.2.28/安田菜津紀]
2019-2020冬特集|【レポート】「幾度もの冬を越えて」(陸前高田市)[2020.1.23/佐藤慧]
【エッセイ】悲しみは雪解けのように[2019.3.11/佐藤慧]

世界各地での取材活動は皆様のご寄付によって成り立っております。世界の「無関心」を「関心」に変える、伝える活動へのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

2020.3.11

News #Yasuda #Tohoku