For a better world, beyond any borders.境界線を越えた、平和な世界を目指して

Top>News>【店舗紹介】 スィゥミャンマー

News

News

2020.4.10

【店舗紹介】 スィゥミャンマー

2020.4.10

News #Yasuda

ミャンマーの家庭の味なら 「スィゥミャンマー」

どんなお店?

店主のタンスエさんは、故郷ミャンマーの民主化運動に参加したことで命を狙われ、約30年前に日本に逃れてきました。来日直後は頼る人もなく、真冬に東京の路上で夜を明かす日々でした。2012年に妻のタンタンジャインさんと共に開いた「スィゥミャンマー」の「スィゥ」は、「家族」「友達」を意味する言葉です。その名の通り和やかな佇まいのこのお店は、訪れる人々をいつも温かく迎え入れてくれます。

【関連記事】 タンスエさんの半生と「スィゥミャンマー」の詳細はこちらの記事から
論座「お茶の葉サラダとダンバウ ミャンマー逃れ30年」

 

どんなメニューがあるの?

ミャンマー風の炊き込みご飯「ダンパウ」。バターなどで味付けしたご飯の上に、じっくりと煮込んだ鶏肉がどんと載せられている。見た目は豪快だが、肉は力を入れなくてもほぐれるほど柔らかく、ご飯もグリーンピースやレーズンなどが混ぜられ、細やかに味付けられている。ここのダンパウが食べたい、とわざわざ遠方から訪ねてくるお客さんもいる。

左:前菜として人気高い「お茶の葉サラダ」。お茶の葉を漬物にして、色とりどりの豆の揚げ物と一緒に和えたもの。小エビとナッツの風味が口いっぱいに広がり、かりっとした豆の食べ応えと、しっとりとしたお茶の葉の食感がくせになる。
右:食欲をそそる揚げ物の盛り合わせ。ベースとなる豆腐はひよこ豆を使っているため、コクのあるうまみが楽しめる。

テイクアウトもできます!

営業日、営業時間など、詳細はお店にお問い合わせ下さい。

Access:東京都新宿区高田馬場3-5-7
東京・高田馬場駅から徒歩5分
Tel:03-5937-0127

今は行けない!でも応援したい!という方へ

「スィウミャンマー」の飲食店応援チケットを購入できます!飲食店応援チケットとは、新型コロナウイルスの影響で困っている飲食店を応援するためのサービスです。購入したチケット代が事前にお店に届けられ、2020年7月31日(*当記事掲載時点の期限)までに来店した場合に、飲食代として利用できます。

 

 >>「故郷の味は海をこえて」応援ページTOPへ

 

2020.4.10

News #Yasuda