For a better world, beyond any borders.境界線を越えた、平和な世界を目指して

Top>News>沖縄慰霊の日、「ちむぐりさ」という言葉

News

Essay

2020.6.23

沖縄慰霊の日、「ちむぐりさ」という言葉

安田 菜津紀 Natsuki Yasuda

安田 菜津紀Natsuki Yasuda

佐藤 慧 Kei Sato

佐藤 慧Kei Sato

安田 菜津紀 Natsuki Yasuda

安田 菜津紀Natsuki Yasuda

佐藤 慧 Kei Sato

佐藤 慧Kei Sato

2020.6.23

Essay #Yasuda #Okinawa

 
6月12日、辺野古での基地建設工事が再開された。昨年春、絶えず行き交うダンプの列と、土砂に埋まっていく海を見ながら、「沖縄の海じゃないみたいね」と案内下さった方がつぶやいた。それを聞き、亡くなられた翁長雄志前沖縄県知事の言葉が思い出された。「総理の言う『日本を取り戻す』の中に、沖縄は入っていますか」

2018年、米軍ヘリの墜落、部品の落下が続いた際、国会では「それで何人死んだんだ」と心ない言葉が投げつけられた。

誰かが亡くなられてからでは遅すぎる。沖縄と、東京。断絶しているのは意図的に作られた壁なのか、それとも無関心という溝なのだろうか。沖縄を訪れる度に、改めて思う。

そして今日、沖縄慰霊の日。

あまりに多くの人々を巻き込み、そして命を奪っていった、組織的戦闘が終わった日とされている。

※ 慰霊の日ってどんな日? 沖縄県民なら誰もが知っているメモリアルデーには紆余曲折の歴史があった (2018.6.23 琉球新報)

以前出会った沖縄出身の大学生が「東京に来て、6月23日が何の日かあまり知られていなくて驚いた」と話していた。私自身も大学生のときに、「沖縄慰霊の日」とすぐ答えられていたかと振り返ると、恥ずかしながら自信がない。この言葉が、今の状況を象徴しているように思う。

当時は戦火で、今は「関心を寄せない」ということで、沖縄を追い詰めていないだろうか。

沖縄ご出身の方に、「ちむぐりさ」という言葉を教えて頂いたことがある。「肝苦りさ」と書く。肝が苦しい、と。単純にかわいそう、たいへんね、という意味ではなく、「あなたが悲しいと、私も悲しい」という共感の言葉なんだ、と。今欠けているのは、この「ちむぐりさ」という感覚なのかもしれない。
 
 

(2020.6.23/写真・文 安田菜津紀)
※本記事はCOMEMOの記事を一部加筆修正し、転載したものです。

 


あわせて読みたい

◾️僕たちは「誰かを見下ろす笑い」のままでいいのか 沖縄から社会問題を語る、せやろがいおじさんインタビュー [2020.6.22/安田菜津紀]

◾️「ちむぐりさ」あなたが悲しいと、私も悲しい ー15歳で見つめた沖縄から学んだことー[2020.4.13/安田菜津紀]

◾️【取材レポート】なんでおそらからおちてくるの?米軍落下物事故から考える [2020.5.26/佐藤慧]

世界各地での取材活動は皆様のご寄付によって成り立っております。世界の「無関心」を「関心」に変える、伝える活動へのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

2020.6.23

Essay #Yasuda #Okinawa