For a better world, beyond any borders.境界線を越えた、平和な世界を目指して

Top>News>【イベントレポート】「あなたと、わたし」重版記念イベント(2019.5.16)

News

Report

2019.5.24

【イベントレポート】「あなたと、わたし」重版記念イベント(2019.5.16)

安田 菜津紀 Natsuki Yasuda

安田 菜津紀Natsuki Yasuda

佐藤 慧 Kei Sato

佐藤 慧Kei Sato

2019.5.24

Report #others

「いつかなっちゃんの写真に言葉を添えたい」、女優のサヘル・ローズさんが、嬉しそうにそう語った。昨年12月10日に刊行された写真詩集、「あなたと、わたし」(日本写真企画)では、サヘルさんの紡ぐ言葉と、安田菜津紀の写真が一体となりひとつの世界をつくりあげる。そして先日5月16日、この本の増刷記念イベントが、池袋のAbsolute Blueで開催された。特別ゲストにはシンガーソングライターのタテタカコさん。力強いピアノと透き通る歌声、独特の世界を描き出す歌詞が、サヘルさん、安田の世界と共鳴し合う。満員の会場で観客が開演を待ち、静かに息をのむ。そして、言葉が紡がれた。

この声、アナタには、きこえていますか?
わたしを愛してほしい。

あなたと、わたし

【イベントAfter Movie】※音声が流れます。

詩集の冒頭の言葉をサヘルさんと安田が読み上げる。一曲目『誕生日』を奏でるピアノの1音目が鳴り響いた瞬間、思わず鳥肌が立った。明るくお祝いするような曲調とは異なり、見えない人生への覚悟を示すような壮大さを感じるこの曲が、希望だけではなく人生の苦しさも綴られる『あなたと、わたし』の誕生を祝うようだ。

どこかで
そう
どこかで
原点の音を探す。

そう
どこかで
どこかで
みんな

音のように跳ねている。

そう
今もどこかで
音がおどりだす。

安田が語りかける。そこにタテさんの伸びやかな歌声が響き渡った。曲目は『君は今』。きっと会場にいる人は皆、大切な人を思いながらこの曲を聴いたのではないだろうか。

MCのなかでは、『あなたと、わたし』ができるきっかけが語られた。サヘルさんの、安田の写真に言葉を添えたい、という思いからこの写真詩集ができたという。このきっかけをサヘルさんは「私からなっちゃんにプロポーズした」と話し、会場は笑いに包まれた。プライベートでも親交が深い二人の朗読は、タテさんが「幼馴染みたい」と言うほど、息が合っている。

昔はよく泣いた。

ないてないて、
まだ泣いた。
鼻水たらしてさ、
泣いたよ。

今はよく笑うよ。

笑ってわらって、
まだ笑う。
小ジワだらけでも、
笑うよ。

サヘルさんが子どもに話しかけるように、微笑みながら語る。続いて演奏された曲は、『今日を歩く』。「おいっちにぃ」という元気な歌詞とともに、無邪気に笑う世界中の子どもたちがスクリーンに映し出される。見ている方も、笑みがこぼれた。

終演後も鳴り止まない拍手。三人が再びステージに現れた。
アンコールでは、小さい頃から日記を書き、言葉を綴っていたというタテさんも朗読に加わった。

いま、
泣くことを忘れたアナタへ。

わらわなくていい。
笑いたくない時は、笑う事ない。

泣きたいんだよね?

だからさ、泣いてごらん。

思いっきり

泣いていいから。

隣でささやくように、タテさんがそっと詩を読む。続いて演奏された曲『道程』にある、「今悲しいのならここで涙を流し 今嬉しいのなら笑ってしまおう」という歌詞が、この詩とどこか繋がっているように感じた。

あなた自身を、愛してほしい。

わたしはあなたの視線から、生まれた

終わりを惜しみながら本の最後のページを閉じるように、喝采に包まれライブは幕を閉じた。
日々の生活のなかで抱く、うれしい、つらい、かなしい、たのしい。そんな、心の奥底で秘めているたくさんの感情を覗き、包み込んでくれるような時間だった。それはきっと、タテさん、サヘルさん、安田の三人が、言葉にできないような感情を、詩、写真、歌、それぞれの表現であらわしてくれたからだろう。

自分の心にそっと耳を澄ましたくなったときにはまた、『あなたと、わたし』のページを開きたいと思う。

*サヘル・ローズさんの言葉と安田菜津紀の写真とで作り上げた写真詩集『あなたと、わたし』、おかげさまで多くの方に読んでいただいています。ご購入はこちらから。
また、『あなたと、わたし』特設サイトでは書籍未掲載の詩と写真を公開中です。こちらもぜひご覧ください。

(文章:Dialogue for People事務局 大橋、写真:佐藤慧、Kameko)

2019.5.24

Report #others