For a better world, beyond any borders.境界線を越えた、平和な世界を目指して

Top>News>佐藤慧写真展「ReCollection-東日本大震災から10年-」開催のお知らせ

News

News

2021.2.22

佐藤慧写真展「ReCollection-東日本大震災から10年-」開催のお知らせ

2021.2.22

News #Sato #Tohoku

3月、佐藤慧写真展「ReCollection-東日本大震災から10年-」をやまぎん県民ホールにて開催いたします。
 


 

「ReCollection-東日本大震災から10年-」

期間 2021年2月27日(土)〜2021年3月14日(日) 9:00~22:00
   ※毎週火曜日休館/最終日は17時まで

場所 やまぎん県民ホール1階エントランスロビー
   〒990-0828 山形県山形市双葉町1-2-38 [アクセス]
写真点数 全12点

佐藤慧メッセージ
あの日から10年という月日が流れようとしています。ある日突然津波により命を奪われた母。悲嘆に沈み、その数年後、眠るようにして息を引き取った父。そんな両親との死別の意味を考えながら、フォトジャーナリストとして、海外の被災地や、貧困・紛争の現場に足を運び続けました。世界の不条理を見つめるうちに見えてきた風景と言葉を綴ります。
東日本大震災から10年―約2万2千に上る死者・行方不明者(関連死含む)。言葉にすると簡単ですが、その数字の背後には、その何倍にもなる人々それぞれの、違った悲しみの日々があります。心の秒針が時を刻む速度は様々です。ひとりひとりのその歩みに、そっと寄り添う社会こそが、「復興」への礎となるのではないでしょうか。彼岸へ渡ったすべての人の冥福と、その悲しみを慈しむすべての人に、温かな祈りを。

 

 
【関連イベント】
「祈りの声 奏でる聲 (こえ)~聲明コンサート≪花びらは散っても花は散らない≫~」(山形県総合文化芸術館オープニング事業)

日時 3月6日(土) 14:00開演(13:00開場)
場所 やまぎん県民ホール 大ホール
   〒990-0828 山形県山形市双葉町1-2-38 [アクセス]
参考リンク https://yamagata-bunka.jp/event/2021/03/06038241.html

こちらで上演される聲明曲『海霧讃歎』は、佐藤の母が生前に残した和歌をもとにつくられたものです。今回のコンサートでは、その和歌への返歌を佐藤が詠み、作曲家の宮内康乃さんに、新たに聲明として作曲して頂きました。

(佐藤の母の遺した短歌)
海霧に とけて我が身も ただよはむ 川面をのぼり 大地を包み

(今回新たに佐藤の詠んだ短歌)
彼岸に渡り 銀河の砂塵と 散りゆきて なおもあまねく 命のほとり

 
 


関連記事

2021.2.22

News #Sato #Tohoku