For a better world, beyond any borders.境界線を越えた、平和な世界を目指して

Top>News>【読み聞かせ】『それでも、海へ 陸前高田に生きる』

News

News

2020.3.26

【読み聞かせ】『それでも、海へ 陸前高田に生きる』

2020.3.26

News #Yasuda #Tohoku

Dialogue for People 公式 YouTubeにて、写真絵本『それでも、海へ 陸前高田に生きる』の読み聞かせを公開いたしました。
お出かけを控えなくてはならない週末、リモートワークの合間、そして春休みに入った皆さんに、本をめくるひとときを安田菜津紀の朗読でお届けします。ぜひご覧ください。

書籍紹介

それでも、海へ 陸前高田に生きる
(写真・文 安田菜津紀 [ポプラ社/2016年] )

2011年3月11日、未曽有の大津波が沿岸の街々を呑み込みました。
岩手県陸前高田市で漁師を営むじいちゃん、菅野修一さんは、そのあまりの壊滅的状況に「もう、海に出るのはやめよう」と思いました。
そんな中、孫の修生くん、通称”しゅっぺ”のひとことがその背中を押します。

「じいちゃんのとってきた白いお魚が、もう一回食べたい」。

震災から2か月後、ついにじいちゃんは再び海へと向かいました。
 
※本作品は『それでも、海へ 陸前高田に生きる』を基に、編集、写真の追加などを行い朗読を収録したものです。書籍をお持ちの方は、追加写真も是非お楽しみください。
本映像には一部に「津波襲来」の写真が含まれます。御視聴にあたって気分が悪くなる等、強いストレスを感じることがありますので、予め御留意ください。

 

 

 


あわせて読みたい

【お知らせ】タテタカコ×安田菜津紀 「窓」 Music Video[2020.3.11]
それは、誰のための希望なのだろう[2020.2.28/安田菜津紀]

世界各地での取材活動は皆様のご寄付によって成り立っております。世界の「無関心」を「関心」に変える、伝える活動へのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

2020.3.26

News #Yasuda #Tohoku