For a better world, beyond any borders.境界線を越えた、平和な世界を目指して

Top>News>【特集】2019年、冬。誰かの暮らしに思いを馳せる

News

News

2019.12.2

【特集】2019年、冬。誰かの暮らしに思いを馳せる

2019.12.2

News #others

伝える活動を続けている中で、季節がめぐると思い出す景色、人がいます。東北のあの街はそろそろ小雪が舞い始める頃だな。イラクの難民キャンプにたどり着いたあの親子は、寒空の下どんな暮らしをしているだろう。マーケットの屋台で温かいお茶を入れてくれたあのお父さんは元気でいるだろうか。

2019年、冬。Dialogue for Peopleでは「誰かの暮らしに思いを馳せる」をテーマに、シリーズで情報を発信するとともに、広く皆さまからご支援、ご寄付を募集します。一年を振り返る12月、ご自身の過ごした毎日とともに、写真や文章に登場する方々の暮らしに思いを馳せていただくことで、世界への関心が広がることを願っています。

取材をさせていただいた方々の暮らしと私たちの日常。遠くの出来事のようで、相手を知れば知るほど、近くに感じます。”誰かの暮らし”が、自分の知っている”あの人の暮らし”に変わるとき、日々報道されるニュースの捉え方も変わってくるのではないでしょうか。

第1回 イラク北部、小さな命が伝えるもの(12月4日公開)

第2回 難民キャンプの厳しい冬(12月13日公開)

第3回 台風19号、それぞれの生活再建(12月4週公開予定)

第4週 東日本震災から8年9ヶ月の東北を訪れて(12月5週公開予定)

※記事は順番に公開していきます。

Dialogue for Peopleでは、難民キャンプなど冬の厳しい環境に暮らす方や、発災から時間が経過する中で被災地がどのような冬を迎えているかを取材し、継続して発信を行ってまいります。

世界各地での取材活動は皆様のご寄付によって成り立っております。記事に登場する一人ひとりの声を伝えていくためにも、「伝える活動」へのご支援、ご寄付をよろしくお願いいたします。

▼ご寄付の詳細はこちらから

※寄付ページに詳細が表示されないなど、不具合が生じる方はこちらをご覧ください。

2019.12.2

News #others